花粉対策にメガネを使用する具体的な方法とは!?デメリットはある?


物理的に花粉をシャットアウト

花粉に対するアレルギー反応が強い体質の人は、花粉症のシーズンになると目がかゆくなったり充血したりします。その場合の対策としては、目に入る花粉を物理的にシャットアウトすると良いです。そして、専用のメガネを着用すると、目に入る花粉の量を大幅に減らせます。一般的なメガネは目との間に隙間がありますが、花粉対策用のメガネはフレームが厚く、顔と密着するようにできています。そうすることで、隙間をなくして花粉が入ってくるのを防ぐというわけです。

自前のメガネを改造する手もある

花粉対策用のメガネは、メガネ屋さんで新しく作ってもらうのが定番です。また、既に視力の矯正やファッションなどで自前のメガネを持っている場合は、それに花粉対策効果を持たせるというのもひとつの手です。有名なメーカーのフレームであれば、後から取り付けられるフードだけが販売されている可能性があります。フードはメガネのフレームと顔の隙間を狭くするための部品で、普通のメガネに取り付けることで花粉が入ってくるのを防げます。そのフードは基本的にメガネ本体よりも安いため、新しく専用メガネを購入するよりもコストが抑えられます。

見た目が悪くなりがち

花粉対策のメガネの一番のデメリットと言えるのは、見た目が悪くなる点です。フード部分が悪目立ちしてしまい、ゴーグルをしているような見た目になる恐れがあります。そのデメリットを防ぐためには、見た目のことを考えて作られたメガネを選ぶと良いです。花粉対策のメガネには、フードを目立ちにくくしたり、フレームと一体化させておしゃれな形にしていたりするものがあります。

メガネの花粉対策は、花粉の侵入を防ぐフードカバーがついているメガネを着用することです。レンズクリーナーを使うとより効果が上がります。