電子タバコとリキッドの種類や特徴!リキッドがあるから電子タバコは売れている!

電子タバコのリキッドの特徴

電子タバコのリキッドはニコチンの含有量を選べるという特徴があります。通常のタバコはニコチンの含有量が決まっています。そのため、1箱買ったら、同じニコチン含有量のタバコを吸い続けることなるでしょう。しかし、電子タバコではリキッドでニコチンの含有量を自分で選べるため、ニコチンを取りたくないときは含まないリキッドを使えばいいのです。健康への影響を考慮してニコチンが少ないリキッドを用意しておくと、だんだんニコチンを減らすこともできるでしょう。

また、リキッドは種類が多いことも特徴です。リキッドとして発売されているものは海外を含めればかなり多いです。日本でしか発売されていないリキッドもあるので、数はどんどん増えていく可能性は高いです。さらに、リキッドを変えることで風味をすぐに変えられるのも電子タバコのリキッドの特徴でしょう。吸っていたリキッドが気に入らなければ、次からリキッドを変えるだけで味が変わります。

リキッドの種類はかなり多い

電子タバコのリキッドの種類はスイーツ味やフルーツ味があります。スイーツ味はバニラやチョコレートなどスイーツに使われているものが発売されています。フルーツ味はストロベリー、グレープ、グレープフルーツなどの様々な味が作られているのです。フルーツ味は本物のフルーツを食べているような味わいがあります。また、通常のタバコと同じタバコ味のリキッドも人気です。電子タバコでも通常のタバコと同じ風味を味わいたいという人がいるからです。

電子タバコ(VAPE)を使うときに必要になる液体をリキッドと呼び、ニコチンが含まれているリキッドをニコチンリキッドと言います