電子タバコのいろいろな特徴とメリットを紹介

電子タバコとは何かを知る

電子タバコは香りのついたリキッドを電気で加熱して水蒸気を発生させる紙巻きのタバコとは一風変わったものです。紙巻きタバコでは煙を楽しみますが、電子タバコの場合は香りのついた水蒸気を楽しむという違いがあります。紙巻きタバコのようにニコチンが含まれていませんので、健康への悪影響は非常に低いです。もちろん、紙巻きタバコ独特の味わいがないので、それに対して物足りなさを感じる人がいるかもしれませんが、その場合はニコチンが入っているリキッドも販売されているので、それを試してみるのもいいかもしれません。

電子タバコのメリット

電子タバコにはいろいろなメリットがあります。1つは味が多様にあるということです。電子タバコにはさまざまな種類のリキッドが発売されていて、多様な味わいと楽しみ方があります。味に飽きてきたり、気分転換をしたかったり、いろいろな味を試してみたい場合などは簡単に味を変えられますし、自分好みの味にカスタマイズすることも可能です。

もう1つは紙巻きタバコ独特の匂いがしないことです。タバコの葉に含まれているタールがこの匂いの原因ですが、人によっては不快に感じる人もいます。電子タバコにはタールが含まれていません。それから、タールには歯を黄色くさせる作用があるのですが、電子タバコの場合はその心配もないです。これから禁煙をしようと考えている人はまずは電子タバコを試してみることをおすすめします。紙巻きタバコとはまた違った味わいを発見できることでしょう。

1日1箱紙タバコ吸うとして計算すると、おおよそ月15,000円ですが、vapeは初期投資してしまえば月4,000円程度に収まります。また、フレーバーの種類も多く、吸いごたえの調整も出来るのもvapeのおすすめな点です。